探偵と興信所の仕事

探偵や興信所の仕事

(1)相談業務を行います
まず相談者の悩みを聞きます。その悩みに対する解決方法やアドバイスなどをします。
相談者の悩みを聞くことは、相談業務の重要な部分で、この対応しだいで仕事の受注へと繋がっていきます。
探偵社によっては、24時間年中無休、電話の無料相談ができるところもあります。


(2)調査業務を行います
お客さまからの依頼を受けて、聞き込み、張り込み、尾行などを行います。調査は、不規則な時間に行うことが多いので、体力や忍耐力が必要になります。また、情報収集のためのスキルが必須になります。


@浮気調査
探偵の仕事の9割は「浮気調査」といわれています。
依頼者の配偶者や恋人の行動を調査します。
A所在調査
家出人、蒸発者、失踪者など行方が分からなくなった人、居所不明者(同級生や初恋の人など)、尋ね人の捜索や発見、住所の特定など、人探しに関する調査を行います。
B信用調査
企業に対する信用調査と違い、
結婚する相手や取引先の人物、雇用の際の調査など行います。
C盗聴器、盗撮器を発見する調査
盗聴器や盗撮器の販売数は、なんと年間20万個を超えると言われています。その半分以上が一般家庭に取り付けられているというのですから驚きです。これらの機器を発見し、取り外す業務を行います。たまにテレビなどで盗聴器の発見して取り外す番組がありますよね。
Dストーカー対策
凶悪なストーカー犯罪が目立つ昨今です。
ストーカー被害の証拠集め、ストーカー犯罪に対する危機管理、不審人物を割り出したりストーカー被害の相談などを行います。

☆探偵業法について
探偵業法第2条第1項 
この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう

(3)資料作成業務、調査結果をもとに報告書の作成をします
2の調査業務で収集した情報をもとに、調査報告書を作成します。
調査報告書は、お客様が裁判や調停で利用する際に役に立ちます。この調査報告書は、法実務上通用するものである必要があります。


☆企業などからの依頼
探偵事務所や興信所によっては、個人だけでなく、企業などの法人からの調査依頼を受けるところもあるようです。
企業信用調査、人事調査、市場調査
などを行います。

レンタルサーバーを比較